インドの孤児院の子供たちに癒されます。

インドの東部チュニにある、アシルバド孤児院の子供たちの写真です。

インドの孤児院の子供たち

この孤児院には院長さんのラジャさんと、奥様のスダさん、そして

75名の子供たちが暮らしています。

ここでは、クリスチャンを信仰し、子供たちにもコンピューター教育を

提供
している画期的な孤児院です。

ラジャと子供たち
ラジャと子供たち

親をなくしたり捨てられたりした子供たちが暮らしていますが、貧困のために育てることの

できない人たちが孤児院に子供たちをつれてきたり、置いていくケースも多いです。

何とすごいことに、このラジャさんやスダさんは、自分のマンゴ畑を売って、孤児院を

建てたり、車を売って資金を作ったり、と子供たちのために無料奉仕で自分たちの人生を

かけていることなんです。

私は彼らと知り合いです。そしてヒーリングを送ることはできないか、

ヒーリングの一部を、孤児院に寄付をしたり。

そしてボランテイア制度を作りました。

75人の子供たちや、貧困に苦しむ女性たちへの援助、食べるものや衣服など、

少しでも助けになれるのならば、と日々努力をしています。

インドは聖地でもあります。

ボランテイアをしたい、ヨガを学んでみたい、ヒーリングをしたい、子供たちと

触れ合いたい、ただ日常を忘れたい、自分探しをしたい
。。。など。

どんな動機でもいいと思います。ビーチが近いので、環境はいいところです。

ボランテイアをするのもいいですし、もちろん滞在だけでもかまいません。

自由な滞在、インドの方々とのふれあい、子供たちから元気をもらう、インドを知る、自分を知る。

インドか、行ってみたいな~という方は、お気軽にお問い合わせください。

親切丁寧にサポートをいたします。

1日から6ヶ月まで滞在自由です。

(観光ビザが必要です。)

滞在費が丸ごと、孤児院に寄付されます。

詳しくはこちらの

お問い合わせ

またはお申し込みまでどうぞ。

インドの孤児院でボランテイア募集