言葉の呪縛はもういらない。

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

星の数ほど~(旧宇宙と自然界☆)の管理人グリ―ンリーです。

本日で1月も終わり、明日から2月に入ります。

冬はまだまだ本番が控えています。が同時に

木々の新芽や花のつぼみを見ると着実に春も

待ち構えています。

暖かい春が待ち遠しいです、この季節。

そういえば、自分自身も厳しい冬のごとく

縛りつけている人が多いのも感じます。

「結婚しなくっちゃ」

「彼氏もいないのはよくないよね」

「お金がないし大変だ」

「頭が悪いし何やっても。。。」

「周りになんて言われるか」

などなど、皆様も一度は言っていたり周りから

家族から親から言われ続けたことってあるでしょうか。

言葉はある意味制限を付けて人を律しますが、

時に言葉は毒となって縛り付けてしまいます。

自分で言ったら、それが叶ってしまうかも?

怖いのですよ、言葉を唱えるのも頭で考えるのも。

ちなみに皆様はテレパシーって知ってますか?

言わなくても伝わる言葉。

「ある人の心の内容が、言語・表情・身振りなどに

よらずに、 直接に他の人の心に伝達されることで、

超感覚的知覚 (ESP) の一種で、超能力の一種 。」

とのこと。

サイキック能力というか、超能力というと少し

大げさすぎますが、よくシンクロが起こるとか

タイミングが合うとか、あるシグナルをキャッチすると

受け取れる能力の一つともいえるでしょうね。

これも宇宙って関係があるのでしょうか。

最近、管理人は宇宙関係にどんどん興味がわいて

来ております。これもどこぞの高次か、どなたからか

の要請か?私自身はなぜなのか、無意識に興味を

わかせているようです。

話を戻しますが、そのテレパシーもある意味言葉で

伝えなくても、無意識に伝わってしまう時ってあるよう

な気がします。例えば念ですね。強い念を発すると

それがテレパシーともなり、相手を動かしたいときに

そうなるかもしれない。普段普通の人でもやってます。

恋愛などでは相手があるので、早々コントロールなどは

できずらいようですが、「私がこう思うと叶うんです」

「思ったことが実現している」という方々もある意味

テレパシーを使い、念で動かす部分もあるのかもしれ

ません。

親と子や家族、パートナー同士、友人同士や同僚同士

などでは特に毎日の生活に密接していますのでこれが

起こりやすいかもしれませんね。

自分の思い通りに動いてほしい、動かないとこうしちゃうよ

とちょっとした恐れや不安が与えられたり。それがうまく

伝わらないと喧嘩になったり。でも人は一人一人感情も

ありますし、その人一人一人に考えもあるので早々には

動けないでしょう。

それでも小さい頃などは何も知らないですし、親の言うこと

目上の人のいうことを良く聞くように!と日本人は特に

教育されてきているとつい言うことを聞かなければ!と

呪文のように。呪縛ともなって動かされてきたことも多く

ありました。

それが解ける瞬間、「ああ、もう私は親の言うことを聞かなく

てもいいんだ」「自分で決めていいんだ」「自分の意見を

通していいんだ」と社会の中で、家族以外の人間関係で

または全く違った環境の中で、他の地域で知ることになり

ます。

そんな時に自分はどうしたらいいのか?わからなくなる

時ってあるかと思います。ある意味言葉で、親やそんな呪縛の

言葉で安心が出来ていた。規律が守られていたこともあった

からです。自分でやっていい、決めていい。自分で考えなさい。

そういわれると結局どうしたらいいのか。決められないと迷い

ますね。

管理人は海外へいった経験があるのでわかりますが、上記の

現象が起こりました。最初は言葉に縛られない解放感、自由を

味わって本当にうれしかったです。が、その後に味わう自分の

責任、自分で決める、考える、その代り守る人はいない。自分

だけ。そうなったら、怖くなった時もありましたが、自分で

見つけた答えを見つけて軌道修正を繰り返してきました。

言葉の呪縛に縛られるのを好むか、もう嫌だ!と終わりに

して自分らしい道を作り始めるのか。そこにはいろいろな

誘惑もありますし、路頭に迷うような問題も起こります。

それでも見つけて人生を自分で進まないといけなくなる

のです。

そんな不安な時こそ、怖いなと感じるとこにこそ人って

惑わしに弱くなりますし、魔の存在などがよくわかってない

時には、一番暗示にもかかりやすくなりますし、世の中を

よーく味わっておかないと、何もできなくなってしまったり

もうどうでもよくなってしまったり、わからなくて人任せ、

結局は言葉の呪縛にかかったままでもまあいいか、と

苦しいのにそのままになって生きている、だけど心はどうも

無気力、になっている方が多いかもしれないのです。

ある意味言葉や制限はあったほうが基準は作れていいの

ですが、自分の心が感じること、考えるものをどれか持って

いないと、いつか壁にもぶち当たりますし、どうしていいか

わからない時は必ずと言っていいほどやってくるでしょう。

そんなとき、自分の軸を作っておくといいのですが、

宇宙にはいろいろな高度なものもありますが、誘惑も

たくさんあります。知らないうちに自分も?何でこんなこと?

となっている状況を経験したことってありますか?周りから

動かされて収拾がつかなくなってしまう時、それは大変

困るのは自分です。

幸いにも管理人は高度な面も学びましたが、人の二面性や

裏表的な人道的に反したような。人でも地獄のような大変

なことも人より多く経験しました。それでもまだまだ私など

序の口でしょう。でも知らないのは怖いことだ、無知って

いうのは知らなくて幸せというけれどやはり知っておいた

方がいいこともたくさんあるなと感じます。

もしもテレパシーが日常茶飯事であるのであれば?

いいものをキャッチできればいいですが、心がどうも

ネガティブになっていたり、不安な時にもしメディアで、

人との間で、何気ないところでよからぬものを受け取って

しまっていたらどうでしょう。

人は誰でも能力はあります。サイキック能力もスピリチュ

アル能力も人は誰でも持っているものだといっていた方も

いました。何かしらの以心伝心があり、気づきもあるものだ

と思うのです。だから共存もできていたり、何かを直感で

気付いたり、相手の気持ちに敏感でもあると思えます。

何気ない、ぼーっとした時に暗示はかかるそうです。

不安な時や恐れを感じているときにも起こるらしい。

同時に子供のころに私たちが刷り込まれてきた言葉の

数々は、小さいながらに不安でもあり何もわからない時に

受け取った親たち先生たちの言葉でした。

でも大人になってからもういらないことも多いですね。

勝ち負けとか、比較とか、大変だとか、親の感情が

絡んでいたり、心配が潜んでいた言葉であったり、

子供をコントロールするというよりも、ある意味制限を

持って、その人一人が育つための基準を教えられた

部分もあったでしょう。

でも、大人になったら自分で決めていいのです。

考えて感じたように、親の言葉が正しくなかったら

そうじゃないよね。と修正していいのですよね。

「親は神ではないのだから」。

自分勝手に生きていいという意味ではありません。

間違っていたとしたらその言葉はもういらないという

だけなのです。偏見に満ちた言葉であったり、ダメだよ

とかダメ出しだけの意味なのならば、苦しくなるだけ

ではないでしょうか。

であればポジティブに自分の言葉で変えていっても

いいと思うのです。それもテレパシーが宇宙から

どこぞから流れてくるのであれば、ポジティブに

考えて生きていればポジティブに目が行き意識も

向きます。がネガティブに自分がネガ漬けになって

いるのであれば、苦しいと感じたらそれはもう手放す

時だと思うのです。ネガティブに目が行き意識も

ネガティブのままでいいのですか?苦しくないですか?

宇宙のお話をだんだんとよく耳にし、目にし、考え

るようになってきたのも、その意識が変わってきたから

とも思えますし、宇宙は毒だ、宇宙なんて変だ、という

洗脳や暗示、封印をされていた部分なども解除が

されてきた証拠なのかも知れません。宇宙ってどんなの?

に変わりつつあるのは、確かなのです。

だって、管理人はこれだけなんでも興味のあるものは

猪突猛進型なのに、こんなにも興味がなかったなんて

おかしいですもの。UFOは3回見たけどいまだに

信じられずに来た、家でも周りでも不思議写真が

たくさん(まだお見せしてませんが)、動画もたくさん

出てきた。そんな世の中ででも。封印をされて

そんなもの~と興味も持たせないようにされてきた

事、ものってもしかしたらあるのかもしれませんもの。

↑これらはすべて私管理人の言葉ではないような

気がしています。宇宙の存在の方からのメッセかもよ。

だって何も考えずにこれだけ書いてますもの。

文章はつじつまがあうのか。言葉尻だけは読み直して

修正だけはしますが。これらも一つのテレパシーを

受け取っての作業と大先生はおっしゃっていました。

そうかもなあと最近、管理人も思います。

またずらずらと長く書いてきてしまいましたが、

管理人は本当は宇宙の話よりも心の話をするのが

好きなので、心と宇宙がどれだけ結び付くか?の

検証を毎日しているような気がします。

不思議なことは好きですが、体験をしていくと

もう嫌なのに、またやる~?という気持ちになります。

だって毎日、確かに何かはありますから。

ま。それも受け入れよ、それが人生だといわれて

いるのかもしれません。しょうがないから受け入れて

いるという感じです。でも心は思考はいつもポジティブ

ですよ。迷惑にならない程度のほどほどのポジティブです。

ではまたこの辺で。

管理人のお話はおしまいです。