ポジティブで、とはいいますが、、、。

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

星の数ほど~(旧宇宙と自然界☆)の管理人グリ―ンリーです。

本日も清々しい朝です。

2015年もそろそろカウントダウンに入りましたね。

9個寝るともうお正月まできています。

さて先ほど『玉依りの姫の命の伝授もの』の告知を

いたしました。こんな世の中だからこそ、日本も

海外でも自分を守ることは大切です。特別なことでは

なくて、自分自身のことだからと思います。

よく、人は暗いことや暗くなってしまうことはいけない

こと!と思ってしまうことが多いと思います。

「暗い」

「ネガティブ抱えてる」など。オーラに考えは

出てしまいますので、無理をしてもわかってしまうもの。

ですが逆にポジティブすぎてもこれが自分も無理を

しすぎていたら疲れますし、周りも結構疲れるものです。

経験ありますか?管理人は経験あります。自分でも

周りの方にも。

思考をポジティブで!と言われても、傷ついた後や

怒った後、悲しみがあった後には早々笑えるものでは

ありません。もちろん痛みを消化している最中とも

言えるので、無理ができずにネガティブに見えても

傷を癒している最中だったりします。

恋愛にはよくありがちなことは、相手の人が

傷があるとき。一緒にあるくのも付き合うのもいまいち

元気にはなれないでしょう。女性は割とポジティブに

対応できる方が多いのに対して、男性はプライドも

ありますので、結構傷を癒す人が必要であったりも

します。皆様は心に傷をまだ負ってませんか?

管理人は友人と話すときに出てくる言葉に

『ポリアンナ症候群』というものがあるのを聞きます。

考えは超ポジティブ♪ルン♪なのだけど、現実が

見えていないとか、足元が見えてない状態をいう

ようです。

「うん!でも大丈夫!気にしない、気にしない!」

この精神ってすごく管理人はいいと思うのです。

管理人もどちらかというとポリアンナちゃんです。

が、同時に現実はちゃんと見てますし、足元も

見ないと転んだ時に立ち直るのが大変よ、という

意味でもあります。

そうかあ。そんな時って思考はポジティブでも、中身=心

の中が傷ついていようがSOSを出していようが関係ない!

って思ってしまうと、空回りしてしまうのですね。

結構皆様、自分が傷ついているのに癒さずにずっと

子供のころから頑張っておられる方が多いので、甘える

ことを知らない、強がる、思い込んで大丈夫!と思っている

方も多いように思います。結構傷ついているんですよね。

その証拠に突然落ち込んでしまったり、イライラし始めて

周りについぶつけてしまったり、子供さんをせめてしまったり

ご主人に感情をぶつけてしまったり、しなくてもいいはずの

同僚に八つ当たりや嫌味をいってしまったり、するものです。

怒りをためているといつの間にか鏡の法則的に周りに

なぜか怒っている人が集まりやすいとか。その逆で

楽しい気分でいつもいると楽しい人たちがよってくるとも

言われます。最近は管理人は超穏やかで楽しい嬉しい!

です。が、心もちゃんと見てあげるようになったので管理人

はポリアンナちゃんではないと思ってます。でも、どうかなあ。

そう願ってます。^-^

思考でカルマカルマ、と言われていたり、日々心を見よう!

地に足をつけよう!と言っている(いわされている?)管理人

も、心がなければ信憑性に欠けるだろ?と思います。

ので、毎日心のチェックはします。

ネガティブがだいぶ減りました。が、空回りのだけの

ポジティブには気を付けたいなと思います。

周りの空気を見ながら、だけど自分も大切にする、

ネガが隠れていたらやっぱり逃げずに対応をして

いかないといつかは感情的にも肉体的にもしわ寄せは

やってきますよね。

お気をつけあれ!

管理人でした。