手を伸ばして得る人と手を伸ばしても届かない人

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

星の数ほど~(旧宇宙と自然界☆)の管理人グリ―ンリーです。

梅雨入りしましたが、今日は何とか曇りの中休みです。

雨がなさすぎも困りますが、九州地方は大丈夫でしょうか。

皆さんお気を付け下さいね。

本日上から降りてきた宇宙のお言葉、神の啓示?

ある仕事を終えて帰り道、ふと浮かびました。

 

『手を伸ばせばいくらでも目の前に幸せを掴める人と

いくら手を伸ばしても何一つ手に入らない幸せ』

それの違いは何だろうかわかりますか?と。

そうですね。幸せの度合いは人にもよりますが。

でも手を伸ばしてある人はいいですよね。

理想です。

その幸せは誰にでも目の前にある。

だけどそこに人を落とし入れたり、愚痴を言って

受け入れなかったり、不平不満を言うことで、

欲で、何も見えなくなってしまう人もいる。

そうですよね。愚痴や憂さ、不満だらけの人ほど

家もあって食べるものもあって、車やお金もそこそこ

ある。だけど大切なものに気付かない人が多いです。

いつも馬鹿にしている人はいます。

いつも愚痴を言っている人もいます。

いつも自分を可愛い人は多いです。

いつも人のせいにしている人も多いです。

いつもたくさんのものに囲まれている人も

多いです。

なのに皆、大切なものに気付かないで愚痴を言って

悪口を言って、手を伸ばそうとしても何も得てない

人がどうも多いです。

それは物質的ではないのかもしれません。

精神的にいうと、スピリチュアル的にいうと

幸せとか。満足感とか、達成感とか、愛とか、

感謝とか。ほんの小さなことに気付かずに

満たされていない人があまりにも多いのです。

今ある幸せに気づかない人も多いのですよね。

自分に今あるものに感謝ができると、満たされると、

幸せや愛を感じていると、いつどこで手を伸ばしても

何かしらの援助をいただいている、そこに気付けると

いつでも『あった!』感を感じます。

何でそこに気付かないのでしょう。

それもカルマと言えるのかもしれません。

親からもらうカルマ、家系的なカルマ、パートナーの

カルマに家族のカルマ、友人や同僚たちのカルマ。

いろいろあるでしょう。でも気づかない人は多いです。

私は執着がなくなったなと思います。

ですが人の価値もお金の価値もものの価値もしっかり

認識をして、大切にしています。

なのであまり広く浅くの付き合いはしていないなあ。

。。。少ない人でもものすごい濃いですし。

あまりものも買わなくなった。必要性がないと

。。。倹約家になったかも。

お金も必要以上は遣わなくなった。

。。。あればいいけどそこそこですし。

そんな私でも毎日が幸せですし、満足です。

不平不満がなくなった気がします。

執着があると苦しいですし、何を見ても気に入らない、

満足できない、でも心は不安で不満が多くなります。

そういえば、私も手を伸ばせばいつもどなたか

援助者の方がポン!ってくださるようになった気がします。

こういうことなのかもしれません。

馬鹿にもしない、どんなに環境の違いや職業、お金、

いろいろな理由があってもその人の価値はそこではない、

極力援助をしてます。それが私の大好きなことです。

でも人をすべて信じ切ってしまったら、時折騙されて

きたこともありました。が最初から教えてもらえる、

ガイドさんも援助者さんもすぐに見せてくるようになり

ました。この人はいいけど、信じすぎずに気を付ける。

そういってみると、無理にしない、執着をしない、

でも自然体でいると手を伸ばせばある幸せに気づくはず。

それを教わった気がしました。

皆さんは今目の前にあるもの、こと、手にいれてますか?

手を伸ばしても届かない、何一つ手に入らないと

思ったら、無理にしないで執着をなくす。

それって大事かも知れませんね。

自分も他者も鏡と言えば、行いがよくないと

援助者も援助をしてくれなくなります。

私も気を付けようっと思います。

管理人でした。