作ることと守ることのバランス

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

星の数ほど~(旧宇宙と自然界☆)の管理人グリ―ンリーです。

夏本番となりました。皆さんは夏を満喫していますか?

私は毎日のように自転車に乗って今日もお仕事に行ってきました。

そしたらねこが4匹道路に座ってました。人なれしているのか全く

動きません。ねこを見たらラッキーがやってくるようです。

(友人のスピ仲間によると)。。。じゃあ私は4匹見たから4つのラッキーがくる?

楽しみにしたいなと思います。^^

私の場合、不思議ですが仕事で体を動かしているときによくメッセージが

降りてきます。それと神社でお参りして歩きはじめる時にポッとやってきます。

そして今日のお題はこれでした。『守ることと作ること』

なるほどだと思いましたので、皆さんにもご紹介しますね。

まず守ることとは、自分を守る、他者を守る、仕事を守る、お金を守る、健康を

守る等があると思います。が、私の場合、仕事とか自分と他者との間にある

何かについて守らなければならないことがあります。

そして作ることとは、自分自身を作る、他者との信頼関係を作る、仕事を作る、

新しい人脈を作る、などがあると思います。

この守ることだけを重視してしまうと、守るだけで向上心とか上昇は

できにくかったり、枠にはまってしまっているだけとなるでしょう。

そして作ることだけに重視してしまうと、どんどん作る出すことはいいの

ですが、落ち着かないで次、次、と新たに作り出したとしてもそれを

生かせなかったら、逆に枠ができずに守りを大切にしないで攻めだけの

ような、ただ生産するだけでは何だか大切なものが貯めていけないような気が

します。

となると作ることでどんどん生産をし、向上心を高めていきながら、上昇を

していく、それと同時に守ることで枠を作ったり、大切にしたり、それを忘れず

に,尊重していくことで発展が生まれます。

これは人間関係においても、仕事上においても、お金を得ることにおいても

幸せになるための第一歩を示されているようでした。さすが、高次の方です。

私が今していることは作っていることが多いです。あまり高望みしすぎずに

のんびりとそれを続けていくことで、守ることにもつながります。人との関係もそうです。

向上心をもってどんどん広がりを持たせながら、繋がりたいですし、大切にしたいです。

ですが多くの方がそれを望みながら、同時に自信がなくて自分の手で壊してしまったり、

信じられなくてダメにしてしまったり、あきらめてしまったり、自己卑下したり、他者を

バカにしてしまったりして、結局はおじゃんにしてしまうことも少なくないでしょう。

人間って、自分も他者とのことも守ることが必要であるのと同時に、創り出すと

いうことも必要なんだなって感じます。皆さんは守り、作っていること、ありますか?

愚痴や悪口ばかりを言ってそこから動こうとしない人は多いです。逆にいうと

それをすることで動かずに済みますし、先へと進むのが不安だったり怖ければ、

言い訳としてそれをいい続けるでしょう。ですがそこには楽しみも喜びも感じないまま。

なのでしょうね。

私はいつからか愚痴や悪口は気持ちのいいものではないと思い始めました。

特に小さなところではありがちだと思います。が、私はどうも好きではありませんでした。

きりがなく、どちらの意見を聞いても一理あるはずなので、どちらの見方にも

できなかったりしますね。これがひどかった時には、右で左の人の悪口を言う人がいて、

左で右の人の悪口を言う人がいました。でもお互いを責めるのは同じです。なのに

状況は何も変わることはなかったです。

この経験があって、私は左の人だけの意見を聞いてもx、右の人だけの意見を聞いても

xなこと、両方の意見を聞かないと話はややこしくなるばかり、片方だけではわからないんだ

ということを知りました。

今私の目の前ではいろいろなことが起きています。精神的?スピリチュアル的?

宇宙的?第3者的なものの見方をしながら、これはなんでなのか?ということを

見させられているようです。

ある人から話を聞いたら、その人だけが正しいのか?間違った解釈ってしてないのか?

偏見はないのか?あっているかあっていないかは本人でないとわからないでしょう。

意見は言えますが、判断はできずらいです。

この世は宇宙の法則やカルマの法則、自然の法則で成り立っているといわれます。

私自身も自分の中だけでも宇宙の法則ができているなと感じますし、自分と他者との間で

さえも、こんな小さな人間関係でも宇宙の法則はできているなと思っています。

自分のレベルがどんどん上がっていくと、、周りや家族、友人やあらゆるものと

波長が合わなくなってくるといわれています。皆さんはそんな経験はありませんか?

高尚な和尚さんのように説法を解くことはできないにしても、それを感じ始めている

人々は多くなってきているような気がします。皆さんはいかがですか?

私は昔から要領が悪いといわれ続けてきましたし、頭の温かい人間という言われ方

をされたことがありました。口の悪い人々に囲まれていた時には、いつも頭にきてました。

でも今は口の悪い人々が周りにいても、攻撃があったとしても、挑発をする人がいても

『あれ、、、この人は守ることに必死なのかな。』

『この人、そんなに攻撃しなければならないほど自分を大事にできないのかな』

『口が悪いのって、こんなに気持ち良くなかったんだっけ?』

等と第3者的に見れるようになりました。それを分けて見れるというか、感じれると

いうか、自分を大切にできるようになれた分。相手のペースに乗らずにあくまでも

自分主体で考えられるようになった気がします。

『あの人、ああだってよ。そうらしいよ、そうなんだよ』

という人たちの口ぶりはいつでもその人をまるで100%知っているかのように

自信を持って言葉を言霊化しています。でもその人はまるで100%知っている人など

誰もいませんよね。だって人のことを言う人は、その人本人でない限り、その事実

かどうか、うそか、噂を大きく風潮しているかなんて誰でもわからないからです。

『ふうーん、じゃああなたはそんなことを言って自分は聖人であるかのように、

高尚な和尚さんであるかのように上から目線の言い方をしているけど、

すごーく意地悪な見方をしているよね。いじわるないい方をしているみたい。

そうなんだよね』とうのみにすることはしなくなりました。

これは私の田舎の人たちに限らず、仕事場の意地悪な会話だけに限らず、

どの世界でも、どの人たちにもあることなのでしょうね。どの場所でもこのような

会話って聞くと思います。皆さんも聞くことってあるでしょうね。でも気持ちよくは

ないんです。いつのときでも、それがプラスでない限り、ネガテイブのままでいたい

場合、他者を責めないとならないメンタリテイを持ち続けている場合、自分の

劣等感を隠したいがための他者批判である限りね。

最近思います。少しは私もレベルアップをしたんだろうなと。

それが頭がよくなったといういい方は違うと思います。性格がよくなったという

事というより、能力アップは知識を得たことで自分自身を成長させたという

事なのではないかなと感じたりしてます。

そこに傲慢さを持たない限り、自慢する必要もありませんね。それが普通にできる

ようになったとき、何だか楽に生きているかのような、無理をしていないような、

自分と他者とを使い分けて考えている自分がいることに気付いて、少しは大人に

なったんだね。よかったね、私!という気分になっています。

ちなみにこの作ると守るについて教えて下さったのは、マスターブッダ様だと

いっておられました。私の中で宇宙の法則を感じられる、ちょっとしたミニ話まで

教えて下さる存在の一人です。とってもそれが心地よくて、楽しいんです。

物事を知るってこんなに楽しいんだったっけ。中庸になるってこんなに楽だったんだ。

人を批判しない、いたぶらない、いじわるをする必要がないっていうことを味わって

何だか少しレベルをアップできた自分をほめてたりします。

そうか。。。作ることも必要ですし、飛躍するための守ることも必要です。

それにしてもこれを2時間のお仕事の中でお仕事をしながら、頭や心に

浮かんできて対話をしているかのような、時間つぶしをしているかのような、

不思議な時間を持たしてもらったりしてます。器用になったな、私と楽しんでます。

何だかそれを伝えたくなってついブログに書いてしまいました。

皆さんの何かのヒントになれると嬉しいです。

管理人でした。^^暑さを吹き飛ばして頑張りましょうね。では!