宇宙の法則を信じよう

こんにちわ。

星の数ほど~(旧宇宙と自然界☆)の管理人グリ―ンリーです。

本日も近くの神社にお参りに行き、お賽銭を渡しました。

不思議なのですが、ここは本堂の他に金毘羅様やお稲荷さん、

見ざる聞かざる言わざるの像があったり、霊山のような石山があったり、

いろいろなものが同居しています。樹木も多くあります。

一瞬のすがすがしい空気を味わい、自転車に乗ってお仕事に行きます。

不思議なことに私は仕事中にメッセージや面白いひらめきがあります。

『宇宙の法則を無視してはいけないな』

という言葉が今日のお題でした。なるほど、仕事も大切だけど

そういうことも大切だなと思いました。

宇宙は一体です。すべてが繋がっています。この世もあの世も、

人間界も宇宙も、妖精界も天使界も、霊界も妖怪の世界も幽界も

動物界も、地獄さえもすべてが最後に行きつくところは1つで

繋がっています。(私の場合、人間界のすべての管理人的な窓口かもね、

とささやかれました。ある意味。。。すごい!?かも。)

宇宙の法則にはいくつかありますが、カルマの法則も自然の法則も

結局は悪いことをせず、人に危害を加えず、苦しみや憎しみを与えず、

領域を侵さずにまっすぐ自分のやるべくことをすると言われてるかと

思います。ですが今、いろいろとそれを破られている気がしています。

実際はどうでしょうか。

人間は勝手です、欲に駆られてしまうとルールも領域も平気で侵して

しまうでしょう。好き勝手にふるまえば、それがいいことでもよくない

ことであっても自分に返ります。

ですが本人は勝手に動いてしまうと、カルマなんて関係ないでしょう。

ルールも平気で侵してしまうこともあるでしょう。

最後には自分でセーブしたり、線引きをしていないと間違いを何度も

繰り返してしまうでしょう。人はなかなか教えてはくれませんので、

自分で気づくまで、痛い経験をしたり、後悔をするまで繰りかえして

しまうと思います。

それはやはり宇宙の法則、カルマや自然の法則を無視してしまっている

状態ともいえるのでしょうね。気づくまで。もしかしたら一生気づかないかも

しれません。

そういえば、せっかく与えられている仕事があるのに余計なところに

ばかり気を取られすぎて、おろそかにしてしまっていたり、心や身体は

すごくえらく大変でたまらないのについ頑張りすぎてしまっていたり、

本来やらなければ考えなければならないことがあるのに、ついやらず

人をせめても自分は全くできていなかったり。

人間は自分勝手な生き物でありながら、自分を大切にできない人が

つくづく多いなと思います。これだけ多くの人たちが仕事をしている中で、

一体何人の人たちが自分を大切にしているのかな、価値を感じて

堂々と自分を表現できている人が何人いるのかな。とか思ったりします。

悪口や嫌味を言うことは運気を下げるそうです。

せっかくある幸運も逃げていくそうです。なので気を付けましょう!!!

そうはいっても人間は愚痴や悪口を言うことが絶えません。

一時期私は『どうして人は悪口や愚痴を言うのだろう?

何で自分を大切にしないんだろう、、、』と本気で考えたことがありました。

結果は幸せではないから、自分が楽しくないから、それが癖だから、癖にして

生きないと生きていけないから、弱いから、心の中が満たされていないから、

いろいろな理由はやってきましたが、今もし自分がその答えを言うのだと

したらなんていうでしょうね。

『心が満たされていないことを他者に責任転嫁をするのもどうかな。

どうしての意味は一生わからないかもしれない。でも悪口や愚痴は

あまり言わなくなったのは、自分が満たされたからかもしれない。

価値観も変わって人に感謝ができるようになったからかな』

そんなことを言う気がします。

満たされない時には怒りがおさまらなかったり、いつも何かが欠けて

いたかのように心が淋しくて、痛くて、悲しくて何かに助けてほしかった

気もします。そこがないくらい怒りを感じたらとことん怒り続けなくては

いけなかったり、愚痴や悪口を言い続けなければならなかったかもしれない。

でも今ははっきりといえます。

『愚痴や悪口を言う必要がなくなったから。怒る必要も今はないし、

感謝も満足も十分できるようになった。真ん中の中庸で、楽に無理せず

生きているよ』とね。

宇宙の法則やカルマが返るから、怖いから愚痴や悪口を言わないのではなく、

もう自分の中ではいう必要がないんです。もうそこではないんだって感じです。

いつの間にか苦しんで、乗り越えて、いろいろな方とお友達や仲間にならせて

いただきました。それは何物にも代えがたい宝物です。

それらの宝物を大切にし、人をいたぶることも苦しめることも痛みを与える

こともする必要がなく、愚痴や悪口を言っている人がいてもだんだんと

平気になっている自分がいます。これも自分では新たな発見です。

自分とそんなことをしている他者の境界線ができたというか、作れている

自分にも感謝なんです♪

仲間づくりも友人たちとの仲も順調です。助け合い、援助が必要なときは

助け合います。こんな幸せでもいいんだ、一人ぼっちだった昔の自分が

懐かしくもあります。

仕事も順調ですし、人にアドバイスやエネルギーが幸せに送れる自分自身が

嬉しくもあり。皆さんが喜んでくださるのも一緒に喜べるのも楽しくもあり。

神々や女神様方、天使や妖精スピリットたちとのかかわりやエネルギーを

与えてくれている有名どころの方々たち、たとえ過去に生きておられた方々

だったとしても、宇宙の一体感で共感や共鳴をしている不思議な毎日にも

感謝でいっぱいです。

そのような私がなぜ誰かを憎む必要があるのでしょうか?

人を苦しめたり、馬鹿にしたり、痛みを与えることに喜びなどは感じません。

そのような必要はないからですし、私にとってそのようなことは意味を成しません。

結局のところ、宇宙の法則やカルマの法則などでは人に危害を加えたり、

苦しみや悲しみを与えてしまうと、運気がよくなくなるばかりか、悪行のカルマも

加算されてしまうといった見方をします。それは愚痴や悪口も含まれるわけ

です。

そういえば。。。いくら気に入らないからと言って、人に痛みを与えたり、

宇宙の法則に反するようなことをしている人が、援助者や神仏たちからの

助けってあるのかな。そう思ったら「ないでしょうね。」と即答で返事が来ました。

では私の感じた『宇宙の法則を無視するなよ』はそれをさしているかな

と感じました。

いくら人は間違いを繰り返してしまうといっても、欲に駆られてしまうといっても。

あれはやってはいけないでしょう。これはルール違反でしょう、ということは

結構あります。ですが、よくよく考えてみると、そのような人の場合はやはり

『宇宙の法則、カルマの法則、自然の法則』を無視してしまっているかもな

と感じます。

気を付けよう~っと、と心に命じた管理人でした。