本日はあり日和!?

こんばんわ。

星の数ほど~(旧宇宙と自然界☆)の管理人グリ―ンリーです。

本日は暑かったですね。^^ でもまだまだ本番の夏までは程遠く。。。

5月なんですよね。30度近くとは驚きました。

そして今日はたくさんのアリに出会いました。

初めは神社に出かけて参拝したところで。お賽銭の前に黒だかりが。

何だろう?とよく見ると、1㎝ぐらいの大きなアリたちが一生懸命

巣に食べ物を運んでいるのか、忙しく働いていました。それも10匹ぐらい。

時間もなかったですし、アリたちをよけてクイックのお参りをしました。

そして私は社会勉強のお仕事に出かけました。

家へ戻り、いつものお仕事へ。

するとなぜか今度はうちのアリたちがどんどんやってきました。

大きさは2-3㎜の小さなありですが、結構働きもよく動き回っていました。

まあ、今日はありをよくみること。

そういえばクモは最近見ないなあ。昨年はよくクモにであったのに。。。

そう思いながら、ふとありの夢を思い出しました。

前にスピ仲間に聞いたことがありました。

『ありの夢はビジネスの成功や、たくさんお仕事が忙しくなる意味なのよ』

と。

前はある屋内のデパートのようなところに木の幹が横たわっていて、

ありの大群がドワーッと押し寄せていて、真っ黒で驚いた夢をみたの!

と彼女にききました。これは夢でも現実の世界でも、スピリチュアル的な

サインだそうです。

今回はさすがにアリたちを見ても殺しませんでした。つい刺されたら大変!と

小さなころから言われて育ったので、指でつぶし刑をしてしまっていたのですが

今回はスピリチュアル的なサインがあることを学んでいたので、逃がしてあげました。

スピの友人はどんな虫でも殺さないそうです。

彼女たちの世界では、どんなものでも命があるので殺すことはしないと。

そうでした。なので殺しません。

でもどうしても蚊だけは耐えられなくて。。。

イギリスは涼しいので、蚊がいないのです。ゴキブリもいません。

なので害虫と言っても殺す必要がないというよりいないのですよね。

日本は蚊がいるし、ゴキブリもいます。少し不利な気もします。

でもある仏教徒は蚊でさえも、手の中に入れて逃がしていました。

仏教でもどんなものも殺してはいけない、命あるもの。貴重な命。と

教わりました。

カルマはどこにでも存在しますし、どの方を見ても納得します。

そうだと思います。

せっかく一日に何匹もありに遭遇したので、お仕事も頑張ります。

成功はやるだけのみ。無理もひげもせず。中庸です。^^

管理人でした。